学生時代と言うと部活動や好きな先輩や同級生を放課後に待っていたりと、何かと甘酸っぱい思い出のイメージがあります。中学生の当時、周囲からは大人びた人と見られ一目置かれていた状態にあった私はそんな甘酸っぱい恋愛とは無縁でした。
自ら大人っぽく背伸びして演じていたわけでもなく、純粋に同級生を好きになって告白したこともありました。しかし、いつも返ってくる言葉は「◯◯さんは大人っぽい僕には不釣り合いなので申し訳ない」と断りの言葉ばかりでした。
今になっても、やはり同級生からは同じように大人っぽかったから話しにくかったと言われます。私はそんな、一目置かれたいと思ったこともなかったので、純粋に学生時代ならではの恋愛が出来なかったのが残念です。
手を繋いで一緒に下校したり、体育館の裏で人目を盗んでキスをしたりと、本当に学生生活でしか味わえない恋愛だと思います。恋愛の末路はどうあれ、その時期に酸いも甘いも経験することでもっと自分を変えられたような気がします。
大人っぽいと言われる事が嫌で、高校生にはイメチェンを図りましたが結局自分と言う持ち味がなくなってしまうことに気付き、すぐにやめてしまいました。
恋愛は多く経験してきたほうですが、唯一学生時代に思い描いた恋愛をすることが叶わなかった事が私の中で最大の心残りです。